チョイノリで牛尾梅林に


本日はポカポカ陽気で、絶好のツーリング日和!
夕方用事があるので遠くにはいけないんですが、今日を逃すとしばらく雨続き!

ってことで、近場の梅林まで、チョイノリでお出かけ。

20200210000.jpg


パワフィル+タキモトワークスマフラーの爆音?を響かせながら山を登っていきます。

5分咲きってとこでしょうか?2月29日〜3月1日に梅まつりがありますが、その時期が満開なんでしょうね。


他県ナンバーのバイクもチラホラ。



20200210001.jpg


種類が違うのか場所なのか、かなり咲いてるところもあります。



20200210002.jpg


時折、甘〜〜〜い香りが漂ってくるので、シールドを上げてウロウロと(*^^*)


ポカポカ、癒やされました。

チョイノリで石切り場跡に


「グースにばっかり乗ってると、チョイノリがスネます」とゆー噂があるとかないとか。

確かに、最近天気がイイのでバイクばっかりで車はほとんど使ってなかった。
するってーと、「Fitのリコールのお知らせ」が届きましたw

うん、乗ってあげないとね。


とゆーことで、ちょっと前にグーグルマップで発見して「あれ、近くに石切り場跡ってのがあるなぁ」と気になってたところに。

午前中仕事だったので、仕事帰りに寄ってみました。


途中の山からの景色。

20191014001.jpeg

白石平野と有明海を望めます。

右奥の遥か彼方には、昨日行った雲仙岳が。


結構な山道を登っていくと。


20191014002.jpeg

えええ、、、これだけ、、、、、



20191014003.jpeg

でかいイシのウシは居ましたが。

ま、跡ですからね。


ちなみに、追い風参考記録ながらマイチョイノリはこんな感じ。

私有地での試走ですので、原付きの速度規制は適用外です。


20191014004.jpeg

GS50のメーターつけてるんですが、コレって実速度より2kmくらい低めに表示されます。
GPSだと54km/hくらいですね。

ちなみに、バーディー用のメーターは逆に2kmくらい高めに表示されます。
なので実際は48km/hなのに気分的には50kmと、いい気分になれます。

チョイノリで冬山ソロキャンプに行ってきた!


無事に、初の冬山ソロキャンプから帰ってきました。

一人ぼっちで暇だったので、リアルタイム投稿しましたがw


行ってきたのは、佐賀県小城市の八丁キャンプ場。
標高は400mくらいで、専用のかまどや木のテント台などがあり、水道もトイレも完備されて520円。
なかなかいい感じのキャンプ場でした。
管理人さんが、「あちこち傷んできたんで、そろそろ修理が必要なんだけどねえ」と言ってました。



キャンプ場の近くまで来たらこんな眺め。

遥か向こうに、有明海も見えます。

前回偵察に来たときより明らかに登らない!
水やらテントやらで、おそらく15kgくらいは積んでるんじゃないでしょうかね?ボックスとリアキャリアの重さもありますしね。
気温も低かったからエンジンはなんとか無事でしたが、降りて押す寸前。

まつきち画伯!「まつきち号は上りに弱い」なんて言ってますが、多分原因の大きな一つが『過積載』だと思いますよ!

3時半くらいにキャンプ場について、速攻で設営。



テントの台のウッドデッキ?の、一番低い湖のほとりをセレクト。


身軽になったチョイノリで、しばらく周辺をうろついてみました。

周りが木に囲まれてますので日が落ちるのが早い。
6時位から、晩飯開始です。

メニューは、おでんとステーキとウインナー。



浜松おでんを旨そうに食ってるブログの影響で、思わず『静岡風おでん』を買いました。削り節の粉みたいのが入ってました。

笑sB6君に点火!
着火剤不要の炭は、さいしょはボンボン燃えます!
暖を取るのにちょうどいいです。



『笑's』の文字がくっきり見えてカコイイイ。

持参した温度計は。



4度。

『そこらに落ちて木、燃やしていいよ』との管理人さんのお言葉だったので、B6君用に持参した木材や、そこらの木を拾ってきて、ちょっと焚き火をしたり。




ビール1リットルと、日本酒1合で、ちょうどいい感じにほろ酔いです。



肉もおでんもうまい!!

ちなみに、せっかくの我が家の田んぼでできた新米は、炊くときに水を入れ忘れて炊いてしまい、黒焦げになりました。。。。w

暗くなってからずっと、『ホッッホーーー!ホッホホホッホーーー!!』という鳴き声が聞こえっぱなし。

何だこの声~~~、怖ぇ~~~!って思ってると、88さんが「フクロウだよ」と教えてくれました。
「西川のりお説」「喪黒福造説」「サンタクロース説」はどーやらガセだったようです。

ちょっと早いですが、10時前には就寝。



すると、3時に目が覚めるww


寝るときは雲が多かったんですが、おきてトイレに行くと満点の星。
満月だったんで月が眩しすぎたんですが、きれいな星空でした。



キャンプ場の木の隙間から、オリオンが真正面に。



6時過ぎまで2度寝して、起きた時の気温がこちら。




あれ?3度?

そんなに寒くない!!

実際、寝るときの服装は、上:ヒートテック+タートル 下:ヒートテック+暖パン。
最低気温-6度、快適気温0度のモンベルシュラフの中では、ヌクヌクで眠ることができました。


朝はテントの横で、こじんまりと。

暖かいミルクティーと、ランチパックを焼いて朝食に。
B6君用の焼肉グリルをガスで。ちょうどよい大きさでした。




ほとんど無風で、そんなに寒くもなく、初の冬山ソロキャンプは満足でした。楽しめました。雪は降りませんでしたが。


以下、反省点とか。個人の主観のみで書いてます。
特に「コレは減らせる、コレは増やすべき」ってのをね。

・日本酒は1合で良い。そんなに寒くないときはそんなに飲めない。
・お米は予備も含めて2合持参すべし。
・ラーメンまではたどり着けない。
・薪は周りで調達できるときは現地調達で。
・ナイフ、スプーン、フォークはなくても良い。
・ラジオは必須!無いと孤独に負けそうになる。(イサチャンネルさんありがとう)
・やはり調理器は2つ必要。今回はガス&B6君だったけど、他の組み合わせも。

チョイノリで冬山ソロキャンプ、ナウ!

予想最低気温2度くらいらしいけど、やってます、チョイノリソロキャンプ!


御飯炊くのは失敗しました。

米研いで、充分時間おいて炊き始めた新米!
お水を入れるのを忘れていました(´・_・`)


でも、他はおいしく頂いてます。


メニューは、おでんとウインナー、佐賀牛ステーキ。




ビールと日本酒がすすみます。




まだそんなに寒くない。

ただいま、4度くらい。




ヒートテックとイージス、さすがです。

森の中から「ホーッホー!ホッホホゥーホーッホー!」って鳴き声が聞こえます。
怖いよぉーー、、、(´・_・`)

何?この声。。

チョイノリで冬山キャンプしよう!かな?(偵察編)


チョイノリ聖地巡礼では前泊キャンプ、剣山ツーリングでのキャンプ。

テントとシュラフ、マット、ちょっとした調理器具は揃いました。

で、この冬は冬山(できれば雪山?)ソロキャンプでもやったろうかと画策中。


今回は、1)30分程度の近場で、2)雪が降りやすい山手のキャンプ場、をちょっと偵察に。
ネットで調べると、いい感じのキャンプ場が2つありましたので。

第1候補:船山キャンプ場 標高415m 料金210円
第2候補:八丁キャンプ場 標高417m 料金510円



まずは第1候補の船山キャンプ場

佐賀県多久市の、女山の中腹にあるキャンプ場です。

標高400m超えなんでもちろん山道、坂道。
足キック併用で20km/h以下でとろとろと登っていきます。



え?ここを行くの?って感じの山道。

さらに・・・・・・



途中からは未舗装。

GP-110履いて来ればよかった。。。

キャンプ場に着くと、すげー良い見晴らし!
天気もいいし最高の気分です。




でも、ちょっと荒れてます、、、ガクガク(((n;‘Д‘))η



トイレや炊事場もありますが、水は出ません、蛇口が回せないので。

う~~~んん、、ちょっと初心者にはハードかなぁ。。。(´Д`)

よくよくネットで見ると、7月~9月しかやってないようです。

でも、新しい感じの焚き火の跡があったから、だれかコソーリ遊んでるんでしょうね。



で、第2候補、八丁キャンプ場

標高は同じくらいの400mちょっとなんですが、まー坂道がきつい!!

足キック併用というか、足キックメインで登ります。

キャンプ道具満載だと、最悪降りて押すことになるかもな。。。

が!キャンプ場に着くと、とってもいい感じのキャンプ場。



トイレも炊事場もきれい!

木製のキャンプサイトと、それぞれに専用のカマドとテーブル&イスが!



すぐ横に池がありまして、その下には大きなダム湖があります。

520円でこれは良いですね!


でも難点は、、、チョイノリをキャンプサイトに横付けできないこと。

入り口が全部階段なんですよね~~。。。。




↑この炊事場の手前に30cmくらいの側溝がありますが、これを乗り越えたらなんとかサイトまで連れていけるかな、チョイノリ。

木に囲まれてるんで積雪は期待できませんが、はじめての冬山ソロキャンプはこっちが良いかな???


などとfacebookで呟いていると『乳待坊公園キャンプ場は無料で設備もいいですよ!』との情報が入ってきました。
標高160mくらいですが、近々偵察に行ってこよう。


あと、6度まで対応のシュラフしか持ってないんで、-2度くらいまでオッケーのコンパクトなシュラフを買わなきゃだな。
それと、焚き火用機材も(←これは実はもうポチリ済)。
プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されるスズキの原付き『 チョイノリ(choinori) 』と、
” 直線は退屈だ ” と発売されましたが直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 グース(Goose)350 』を、
こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数