古き言い伝えは真であった!?

ナウシカの住む風の谷には「その者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」という古い言い伝えがあるそうです。(ご存知でない方は、宮崎駿の『風の谷のナウシカ』を参照願います(^^;;)

もしかして、↓↓このことだったのかぁ~~~!!??って、周りが黄色過ぎて、あまり青くは見せませんね(;_;


アイスブルーのチョイノリin金色の麦畑

ま、これが伝説の勇者かどうかはわかりませんが、収穫間近の色づいた麦の中を、トロトロ走るのは気持良いです。

ビシバシぶつかってくる虫も、まー可愛いもんですよ。

カムの材質に関して

チョイノリのカムが樹脂製であり、ジャンジャン削れてしまうってのはそれはもー有名な話です。

私のチョイノリもメーターが3400kmなんですが、13400kmの可能性もあり次回のオイル交換時にカムも交換してしまおう、ってことでカムを注文しました。

見積もり・発注時には気づかなかったのですが、パーツリスト(私の持ってるのは第6版)に載っている番号と、到着したカムの番号が違います。

下の写真のように、パーツリストでは『12710-22G01』ですが、やってきたカムは『12710-22G02』です。



K4型以降、カムの削れ対策としてカムロッカの形状変更がなされたようですが、カム自体の材質も見直されたという話も聞いたことがあり、22G01のカムが改良されて22G02に置き換わったということなのでしょうね。

そこで、さらに疑問が。。。。

22G02や22G01なら、最初は22G00だったんじゃないのか?ってことです。
他のパーツ番号の多くの末尾は00なんですよね~。

で、確認方法がこれしか思いつかなかったので、しらべてみました。

「webikeのweb見積もりに、22G00と22G01を入力して見積もってもらう!」です。

その結果がこれ。



『12710-22G01』も『12710-22G00』も『12710-22G02』に置き換えられてる~~~!

う~~っむ、やはり2度の改良(カムの材質変更)があったのでしょうかね~~。。
まさか削れるの見越してハイカムにしてるってことは無いでしょうからね。

何方様か、1版~最新版までを比較できるような方がいれば完璧なんですが。

ま、なにはともあれ、削れにくいカムになっていることを祈って、次回交換したいと思います。

ちなみに、私のパーツリスト第6版(2004年5月版)では『12710-22G01』です。

速度計照明のバルブ交換

夜走ることはまず無いチョイノリです。

速度計のバルブどころか、ヘッドライトが切れてても気づかないかもと思ってましたが、意外と気付くものですね。速度計のバルブが切れて点灯してませんでした。

点くべきものが点かないと、なんか嫌な気分です。
12V1.7W、よく見かける形のバルブだったので、ホームセンターに。
が!、1.7Wってのが無い!どこに行っても無い!

『ま、明るくなるからいいか。目がくらむってほどでも無いだろ』と思って、3.4Wってのを買って装着。
予想通り、良い感じに明るくなりました。


でも、エンジンかけて1分も経ってないのにメーターが熱い!かなり熱い。
ちょっと心配になるくらい熱もってたんで、取り外し。

で、再度ホムセンに行って、こんなのが有りました。
900円とお高いですが、LEDだから熱も出ないし寿命も長いでしょうから購入~。他に無いしね。。



車体がアイスブルーなんでブルーをセレクト。

そのままだとLEDの真上だけ無茶苦茶明るかったんで、ビニテで若干遮光して装着。



明るいところではこんな感じで目立ちません。



が、暗いとこだと。。。。。



う~~ん!!アイスブルーな照明がグー!

こーやってじっくり見ると、やっぱ字体も可愛いな、チョイノリ。

筑後川昇開橋

日曜日、遠乗りの予定は無かったんですが、あまりにも天気が良かったんで久留米ラーメン食いについでに、福岡県大川市の『筑後川昇開橋』まで遠乗り。


チョイノリ in 筑後川

筑後川昇開橋は、船が通るときは真ん中の橋桁が上昇し、電車が通りときは下に降りて来るという変わった橋です。

この路線は20年以上前に廃線になっており、現在は観光やイベントで上昇・下降しますが普段は写真のように船モードで止まっています。

観光用に保存されていて、歩いて昇開橋部分まで行くことができます。

が、、、、



滑車の修理中で立入禁止。。。。

どーりで誰も居ないと思った。。。

プチ改造

最近チョイノリ君は元気いっぱいで、不調なところもなく「あと1000km位走ったらカム交換しよう」って予定で、それまではチョイ系の買い物は無いかな~と思ってったんですが、、、

ついヤフオクでポチってしまったのが↓コレ。キーセット一式です。



タンクキャップ、ピカピカにしてくれてる~~\(^o^)/

なぜコレを買ったかと言いますと、マイチョイノリは買った時からホームセンターで作ったような予備キー1個だけ。
SUZUKIの文字が入った上の黒いキーはありませんでした。
やっぱり黒い小さい純正キーが欲しいなってことで、お安かったので落札。

早速取り替えようとしたところ。。。



そうだった、、、、こんなネジがついてたんでしたね、、、、

大きさ測って近くのホームセンターにダッシュ!!
T-30って規格のようで、その大きさのやつは1種類しか売ってありませんでした。あー売り切れてなくてよかった、と思って買って帰って、、、、



ぐは(T_T) 回せないでげ~~~~す(T_T)
はぁ、、、なんておバカさんなんだ、オレって。。。

てことで、ちょっと遠くのホムセンまで再ダッシュ!!

ようやく分解完了。
買ったのは、セル無しモデルのものだったらしく、配線が少ないので白いプラスチックから後ろの部分だけ交換。



ようやく完成!やたー、可愛い~~



実は、これを買った目的はもう一つありまして、燃料タンクのキャップがユルユルだったんです。
下の写真のように、キャップをしても、上下に1mmくらいパカパカ動く。ってことは、段差なんかでガソリンが漏れるかもしれないし、何より気化しやすいでしょ~~。



対策として、1mmくらいのゴム板を丸く切ってパッキンのようにして使ってたんですが、キー交換のついでにセットで購入しタンクキャップも交換しました!
これで更に健康体になりました~~!やった~~\(^o^)/

プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されるスズキの原付き『 チョイノリ(choinori) 』と、
” 直線は退屈だ ” と発売されましたが直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 グース(Goose)350 』を、
こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数