ウェイトローラーの調整

マイチョイは、フロントスプロケットを12T、リアスプロケットを27Tに変更しています。
ので、ノーマルに比べると最高速は伸びてますし、巡航時のエンジン回転数も低めで良い感じです。
が!やはり発進時のもたつきと加速がいまいち良くないです。しかたないですが。

そこで、ウェイトローラーの調整でどーにかできるものかと遊んでみました。

下の写真の一番左が純正WR(ウェイトローラー)で、15.5g×3=46.5g
真ん中が、7.5g×6=45g、右が5.0g×6=30gです。

左の純正WRは変な形に減っていたんで、真ん中と右を組み合わせて、
45g、37.5g、30gで比較してみました。

平地で弱い向かい風の条件と、登り坂で検証。

本当はもっとシビアに、45,44,43,42って感じでやっていけばいいんでしょうが、、、
ま、こんな感じですよってことで。



で、結果を簡単にまとめますと、フロントスプロケ12T、リア27Tの状態では、
平地でも登り坂でも『純正に一番近い45gがベスト!!』でした(><) ソノマンマジャン!

出足はどの重さでも、ほとんど変わりませんでした。
変わったのは、15km/h~35km/hの加速と最高速。

WR30g仕様は、15km/hくらいになると、エンジン回転数がギヤーーン!と上がってグイグイ加速してくれます、が、最高速は伸びません。
加速重視ならこれかな!とも思いましたが、よく考えたら前後純正スプロケに純正WRのほうが加速性能良いんじゃないでしょうか。とことで30g仕様はボツ。
WR45仕様と37.4g仕様は、加速感に大差はなく、最高速で若干45gが有利。

それなら45gでしょ。です。

マイチョイの環境ではこんな感じで、結局45gに戻して乗ってます(@_@
フロント14T-リア25Tとかのもっと極端な仕様だとどうなるんでしょうかね。

参考までに、平地若干の向かい風での加速時の動画です。
youtubeには登り坂の動画もあります。

WR45g 平地での加速

WR37.5g 平地での加速

WR30g 平地での加速





プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されますが、それも含めて楽しく可愛いスズキの原付き『 choinori(チョイノリ) 』と、” 直線は退屈だ ” と発売されましたが、直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 Goose(グース)350 』を、こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数