カムの材質に関して

チョイノリのカムが樹脂製であり、ジャンジャン削れてしまうってのはそれはもー有名な話です。

私のチョイノリもメーターが3400kmなんですが、13400kmの可能性もあり次回のオイル交換時にカムも交換してしまおう、ってことでカムを注文しました。

見積もり・発注時には気づかなかったのですが、パーツリスト(私の持ってるのは第6版)に載っている番号と、到着したカムの番号が違います。

下の写真のように、パーツリストでは『12710-22G01』ですが、やってきたカムは『12710-22G02』です。



K4型以降、カムの削れ対策としてカムロッカの形状変更がなされたようですが、カム自体の材質も見直されたという話も聞いたことがあり、22G01のカムが改良されて22G02に置き換わったということなのでしょうね。

そこで、さらに疑問が。。。。

22G02や22G01なら、最初は22G00だったんじゃないのか?ってことです。
他のパーツ番号の多くの末尾は00なんですよね~。

で、確認方法がこれしか思いつかなかったので、しらべてみました。

「webikeのweb見積もりに、22G00と22G01を入力して見積もってもらう!」です。

その結果がこれ。



『12710-22G01』も『12710-22G00』も『12710-22G02』に置き換えられてる~~~!

う~~っむ、やはり2度の改良(カムの材質変更)があったのでしょうかね~~。。
まさか削れるの見越してハイカムにしてるってことは無いでしょうからね。

何方様か、1版~最新版までを比較できるような方がいれば完璧なんですが。

ま、なにはともあれ、削れにくいカムになっていることを祈って、次回交換したいと思います。

ちなみに、私のパーツリスト第6版(2004年5月版)では『12710-22G01』です。
プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されますが、それも含めて楽しく可愛いスズキの原付き『 choinori(チョイノリ) 』と、” 直線は退屈だ ” と発売されましたが、直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 Goose(グース)350 』を、こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数