タイヤ交換 80/90-10と3.00-10

下の記事の有明海沿岸ツーリング、『九州中部~南部は雷を伴い一時激しく降るでしょう』の予報でしたので、泣く泣く中止。

だって、かっぱもしょぼいし、メットも半キャップしか持ってないんですもん。。
次はその辺り買わなきゃだな。


なので、買っておいたフロントタイヤを交換しました。

リアタイヤはチョイノリ買ったときに、あまりにツルツルだったんで、近所のバイク屋で交換してもらってました。

『3.00-10しか置いてないけど、ほとんど大きさ変わんないから大丈夫だよ。』ってことだったんでD306の3.00-10サイズに交換。
タイヤカタログ見てみると、直径が18mm大きく(片側タイヤ厚が9mm大きく)、幅が6mm大きいんですね。全然オケー!!タイヤサイズの規格・基準が違うみたいですね。
最高速が若干上がるかとも期待しつつ、3.00-10サイズに。



で、今回はフロントタイヤですが、自分で交換しようと思い、同じD306で純正サイズの80/90-10を注文しました。
んで、無事交換完了です。ついでにベアリングのグリースもキレイにしました。

でも、なんだか9mmタイヤが厚くなったって以上に、雰囲気が違って見えます。

でしょ?なんでだ??



じっと見てみる。



ん??これか!!!!

タイヤの厚みの差以上に、サイドウォールの高さがぜんぜん違うじゃん!
それで、なんか違う雰囲気に見えたんだ。。。

3.00-10はタイヤ厚は65mm、サイドウォール高さは45mm
80/90-10はタイヤ厚は60mm、サイドウォール高さは30mm

ということは、接地面部分のRが80/90-10の方がきついってことですね。



極端に書くと、こんな感じ??

写真で比較すると



写真じゃあんまり違うくは見えないな。。

でも、実際にはかなり違うんです。横から見た写真の方がわかりやすいですね。

3.00-10の方が接地面積広くてグリップしそうですが、チョイノリのような非力なバイクには、転がり抵抗の少ない80/90-10が良いのでしょうか???

皆さんはどう思われますでしょうか。。

長距離用チョイノリに仕様変更

マイチョイノリ、購入時はリアキャリアが付いてたんですが、外して乗ってました。
シートの後ろは何も無い、収納や積載能力ゼロ!!って感じが好きで。

でも、暑くなる前に長距離ツーリングの練習しとこうかなって感じで、ツアラーチョイに仕様変更。

普段使いのこんなのが



こんな感じに。



32Lのボックス載っけました(^^;;

妻が「後ろに引っくり返りそうだよ!」って、そんなに重くはないから、ボックス。

この仕様で日曜日に予定しているコースがコレ。有明海一周ツーリング。



山道走って、海沿い走って、フェリー乗ってとバリエーションたっぷりツーリングの予定。

原付ってフェリーに乗せるとき、どーやって固定するんだろ?原付乗せるのは初めてなんで楽しみです。
普通にいけば150kmくらい、だけど、所々寄り道予定なんで200kmくらいでしょうかね。

オイルも交換したし、今のところオイル漏れも無いし。頑張ってくれるでしょう。チョイ。

明日の夜、予備オイルと燃料、工具なんか積んで、照る照る坊主作ってと。

妻が「大まかなルート教えておいてね、救助に来るときチャチャッと行けるように」って、ぬかしてやがりました!

感動してしまった。。。

チョイノリを購入してからというもの、「チョイノリ」でググって徘徊しまくったり、「チョイノリ エンジン」ってキーワードで、ヤフオクを検索しまくったりする日々が続いています。
 
そのおかげ?でコチラのご覧頂いてるコメント頂いてる皆さんと、知り合えたわけです。
 
そんな中、御存知かもしれませんが、『がちょうのうたがきこえてくるよ』というサイトの『チョイノリと私』という記事に感動してしまいました。メチャクチャツボってしまいました。
 
歳とって涙腺緩み始めてるのもありますが、、、ウルウルきてしまいました。
 
これからも、チョイノリきちんと整備して、乗り続けよう!!と思いましたよ。うん。

ジェネレーター側クランクシャフトのオイルシール交換

ジェネレーター部からのオイル漏れが発覚し、オイルシールを注文。
到着したので早速交換しました。

オイルシール、ジックリみてみると内側の密着性を保つためにちっさなスプリングをリング上に巻いてあります。これで締め込んでオイルが漏れないようにしてるんですね。

思ったより硬い材質でした。



ジェネレーター外した状態がこれ。



オイルシールから漏れてクランクシャフトで周り全体に飛び散らされてます。
クランクシャフトが錆びちゃってますね(;;
シールが劣化していたのと、脱着時にサビや半月形のキー?に擦ってしまったのかもしれません。

外したオイルシールはかなりカチカチの硬い状態でした。

4ヶ月前に買ったマイチョイですが、どーも距離走ってくたびれたって感じじゃなく放置されててくたびれた雰囲気が大です。
サビやゴム部品の劣化が激しい!
買った店が割りと海の近くだったからかな。。。

なんにせよK3チョイノリ、製造後10年が経過してますんで、ゴム部品の経年劣化も仕方ないですね。

コツコツ手入れして長生きさせてあげよっと!

暇つぶし?ネタ

チョイノリ君、ジェネレーターカバーの下の方からシトシトとオイルが漏れてる。

写真の黄色丸の部分から漏れて、矢印の方向に垂れて来てます。



先日、カム交換した時にジェネレーターがオイルっぽかったんですよ。クランクシャフトもなんか少し錆びてる感じで。

多分、その時に傷ついたり緩んだりしたんだと思います。オイルシールも交換しとけばよかった。。。
(TдT)

てことで、エンジン降ろして、パーツ待ち。純正部品、ちょっと時間かかります。。。

ので、チョット前のネタですが、、

早速100均に買いに行って装着しました。

これ。



ところが、厚みが5mmのやつしかなくて、これを前後のゴム部分に貼り付けると、後ろの吸盤部分が浮いてしまうんです。

こんな感じに。。。



座れば重みでグニュっとなるんですが、もともと「ここ、折れるんじゃね?」って思ってたシートのヒンジ部分に変な力がかかってるような気がして。。

も~少し薄いのが無いかと、別の100均に行ってみると、有った!有りました!

厚さ3mm、しかも丸型!!



大きさも、高さも、ほーらピッタリ!!



それっぽい、袋に入れて、、、

SGPって書いてあるシールを貼ると、、、

まるで純正パーツ!!!



100円で~~す。



ああ、、、早く、、部品、、、来ないかな。(=_=)

プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されますが、それも含めて楽しく可愛いスズキの原付き『 choinori(チョイノリ) 』と、” 直線は退屈だ ” と発売されましたが、直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 Goose(グース)350 』を、こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数