バスケット号、公道復帰準備完了!?

チョイノリ2号機、バスケット号。公道復帰準備完了です!
ナンバー付けて、自賠責シール貼ったらいつでも走り出せます。

整列~~!!



エンジンは初号機の整備済みエンジン。(カム、Vベルトウェイトローラー交換済み)
キャブは初期型整備済みキャブ。

テールランプとステップボード、バスケットはバーナーでぼーぼーやって、黒さを取り戻しました。

ジージー鳴ってたウインカーも、バッテリーを新品にしたらカッチンカッッチン完全復帰です。
ついでにヘッドライトを25wに。

ナンバー付いてないんで、公道は走れませんので、私設サーキットで試験走行してきました!!

久々の11-36Tスプロケだったんで、久々に回り切ったエンジン音が聞けました。
きっちり最高速43kmをマークしましたので、上出来です。



リアの36Tスプロケ、でかいです。
空気も入れにくいです。

バスケット号の11-36Tと初号機の12-27T、思ったほど加速に違いはありませんでした。平地では。
エンジン音も振動もすごいんで、27~29Tくらいにしてあげたいですね。
公道復帰までにその辺りをいじりましょう。

さらに、もう一つ改善予定箇所が。

バスケット号のトレードマークのでかいバスケット。
写真のピンク↓のヒンジ部分と鍵部分で固定されています。



ところが、黄色↓の両側が微妙に浮いているんで、全開走行時はガタガタガタガタうるさいんです。

隙間テープのようなスポンジでも貼り付けましょうかね。

公道復帰完了と書いたものの、まだもう少しかかりそうです。

バスケット号、公道復帰準備その2

公道復帰準備、補修パーツが揃いました。

キャブとエンジンは、予備を載せましたので元々のエンジンはユックリばらして整備することにします。

キャブはオークションで買ったやつを分解清掃したもの、で、まだ走行試験は未実施。
エンジンは、初号機に乗ってたエンジンで、生まれて初めて整備したものです。

この2つの組み合わせなので、やや不安では有りますが。。。頑張ってくれ!

で、今回の補修パーツ。



燃料コックからガソリンが漏れてたので、ゴム類を新品に交換。
いつ見ても可愛いな、、ゴム。
顔にしか見えねえ!!

次がバッテリー



オークションで¥2000くらい。
台湾YUASAのやつより¥200くらい高かったんですが、それくらいならと国産GSユアサを注文。
で、Made In China!(;;
台湾YUASAのを注文したら、どこ製のがやってくるんだろぉ。。。

今回はこれくらいで、バリバリ公道復帰の予定です。
安く付いたな~~。車体はタダだし。。。

ですが、もう一つ交換すべきかどうか考えてるものが。

これ、タイヤです。



製造が(1303)。
2003年の13週に製造ってことですね。
販売時に着いてたタイヤってことですね。
10年前ってことですね。。。。

溝も残ってるし、ヒビも無いんですがね~~、大丈夫かな、交換しなくても。

もし交換するとしたら、純正同等品のMB90ですかね。
もしくは、巷で大流行のGP-110!!

オフタイヤ履いたバスケット付きチョイノリの需要って。。。どこで、何に使うのか?

う~~ん、、、、、

キノコ狩り?

栗拾い?

取りあえず、10年タイヤで走り出しましょう。

バスケット号、公道復帰準備その1

偶然手に入ったカゴ付きセル付きアイスブルーのバスケット号、公道復帰準備開始です!
取りあえず走らせてあげたい!

まずは洗車。



バスケットも外してゴシゴシ。
バスケットが付いてた部分のカウルは、劣化が少なくピカピカのツルツルでした。



ステップボードを外して見る。キャブがどうやら最初期型のようです。
バルブが内蔵されたタイプのやつで、ゴムコートの無い金属バルブのため、あまり良い評判は聞きません。これは予備キャブに交換ですね。

エンジンは、洗ってそのまま使おうかと思ったんですが、せっかく整備済みエンジンがあるので、そちらを装着することに。
このエンジンは、またユックリ全バラで整備することにしましょう。

フロントカウルがちょっと割れてたので、接着剤で補修。&チェーン清掃。
アクセルワイヤーのゴムキャップが裂けてたので交換。

ブレーキワイヤーのブーツも砕けてたので、ジンさん発見のアレを買ってきて装着!
近くのイオンの自転車コーナーに有りました。



上2つが純正、下が自転車用ですね。機能は十分果たしてくれるでしょう。

チャチャッとキャブとエンジン載せ替え完了。

マフラーは塗装済みのが有ったのですが、マフラーガスケットの在庫がない(;;
取りあえず再利用!排気漏れしたら新品に入れ替えましょう。

ガソリンをタンクに投入!

すると、、、、コック部分からガソリンがポタポタ。。。
回した感じがあまりにもスカスカだったもんなーコック。


ガソリン抜いてコックを分解してみると、顔みたいなゴムは大丈夫みたいですが、Oリングがヨレヨレ。。
メキシカンオレンジさん、はちまるさんらの情報のセローパーツを注文しなきゃですね。

取りあえず、キャブに幾らかのガソリンが入ったので、エンジン動くかな?とキック!
バッテリーは完全死亡でセルはうんともすんとも言わないので、キック!
キック、キックでブルルンと始動!やった!動いた!

動いたついでに電装系のチェック。
ヘッドライト良し!テールランプ良し!ブレーキランプ良し!
ウインカー、、、、あれ?何だこりゃ??
カッチッ!カッチッ!って鳴るはずのウインカーが、ジジジジジジジジッって言って、ずっとぼんやり点きっぱなし。。点滅してくれないです(;;



リレー壊れてるのか??バッテリーがダメだから電圧が足りないのか??

って考えてたら、キャブに溜まったガソリンもなくなりエンジン止まってしまいました。
暗くなってきたことですし、今日はここまで。。

パーツ注文してボチボチ復帰させることにしましょう。

1号機が2月に登録したから、同じ日にしよーかなーーーっと考え中。


X5DBK3 が やってきたー

田舎ではよく見かける、小さなスズキの販売店と整備工場が併設されたお店。

そんな店舗の敷地をお借りして仕事してましたら、工場の隅に見覚えのあるリアフェンダーが!
アイスブルーのチョイノリが、埃を被って置いてありました。

店主さんに「あれ、チョイノリですよね!?私も持ってるんです。可愛いですよね~!」と話して見ますと
主:「あー、あれ、パーツ取りに持って帰っていいよ~」
とのこと!!

どうやら、チョイノリも販売してて何台か売った、可愛くて安かったから自分も買って整備して乗ってた、5年くらいチョイ乗りしてたけど3~4年前にナンバー切って放置してる、らしいです。

スズキのバイクを、スズキ販売店がメンテしてる機体。

これって、プライベーター憧れのスズキのワークスマシンってやつじゃないですか!!??

断る理由もなく、手土産持って本日回収に行ってまいりました。

じゃじゃん!



ホコリまみれですが、カウルやフェンダーの艶もあってなかなかきれいです。シートも破れてないですし錆も少ない。つか、マフラー以外錆が見当たらない。



大きなバスケット付きです。セル付きモデルなんでchoinoriの「i」がオレンジ色ですね。



走行2640km。ワンオーナーなんで正真正銘の2640kmです。
「何年か乗ったけど、1回に走る距離が少ないからね~」って言ってました。店主さん。



ホコリだらけですが、フレームも錆なし!フェンダーもキレイ!タイヤもまだまだいけそう!



テールランプに貼られた店舗のステッカー。ヨシムラっぽい感じでワークス感が出てますので、このまま使用することにしましょう!
ホコリが。。。



3年放置ってことで、一番心配だったガソリンタンク内部。
きっちりガソリン抜ききっておられました!さすがスズキワークス、仕事が細かい!
じぇんじぇn錆びてないですし、腐ったガソリンもナッシン!!

休みになったら、ジックリ中まで拝見しましょう。
パーツ取りどころか、エンジンとキャブは整備済みのがありますし、マフラーも塗装済の純正もある。
この状態でしたら、キャブの清掃くらいで復活するかもしれませんね。

どう使うかはジックリ考えよ~~っと。

チョイノリにパワーケーブル

パワーフィルターに続いて、パワーケーブルを装着。
なんだかバイクパーツって「パワー**」ってパターン、多いですね。

説明書を読みますと、「純正のプラグコードを8~10cmくらい残して切断し、ジョイントで継ぎ足す」となっています。
写真にするとこんな感じ。



全体で20cmくらいしか無いから、青いコード部分がほんのチョットになってしまいます。
もったいないお化けが出ますよ、完全に!

おっちゃんさんの写真を見て根本から交換してあることに気づきまして、質問しましたところ、根本から簡単に外れるようです。



ゴムキャップをずらして、ケーブルをクルクル回せば簡単に外れました。
パワーケーブルは純正より微妙に太いですが、グリス塗って外した時と逆の手順でパワーケーブル装着。

じゃかじゃん!



装着!



ステップボード着けるとほとんど見えない。。。(;;



ま、こんなもんか、と、お片付け開始したところでふと発見。

使ったケーブルより、余って捨てるケーブルの方が長くね!??

いや完全に長い!!

もー1本分は十分にある。

てことで、これ。



おなじ要領で、プラグ部分をグリグリ外して、青いケーブルを装着。



パワーケーブル2完成!!

いつどこで使うのかは定かでわないです。。。

プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されますが、それも含めて楽しく可愛いスズキの原付き『 choinori(チョイノリ) 』と、” 直線は退屈だ ” と発売されましたが、直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 Goose(グース)350 』を、こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数