古い雑誌にチョイノリが!

帰省してる子供たちと、ちかくのBOOKOFFに行きました。

なんとなくバイク・車のコーナーにいくと目が止まった!

最近のコンビニや本屋のバイク雑誌コーナーでは、目にすることの無い「チョイノリ」の文字が!!



2003年10月号Vol49
内容はこんな感じです。

「壊れない程度に、チョットだけパワーアップ」って言葉が好感持てます。

個人的には
1)熱や耐久性アップのためにハイギアにし回転を上げない
2)なので、高回転化してのパワーアップはいらない
3)でも、低~中回転の常用域でのトルクアップはしたい

んです。何かいい記事あるかも。




どうやら前号あたりから色々イジってるらしく今回は組み上げ、試走。
次号でも頑張るみたいです。

はちまる先生がケース削って頑張った点火タイミグずらし。
ココではこんな方法でやってます。



後はカム山をずらしてみたり。



残念ながら、この49号では効果があった改造は説明されてませんでした。
詳細はこの号には無かったんですが、やってるであることは

・エアクリボックス外してジェット交換
・点火タイミング変更
・クラッチウェイト軽量化
・ハイスピードプーリーに変更
・ポート拡大研磨
・カム改造
・ヘッド面研で圧縮アップ
・等など。。。。

前号揃えたら、何かしらパワーアップのヒントがあるかもですね!

いや、、、チョイノリのことだから、なにやっても無駄でしたって結果かも。

チョイノリ初号機のバルブ摺り合わせしてみた。

最近なんだか、シャキッとしないチョイノリ初号機。

最高速は2km程度落ちかな。
でも、向かい風や登りになると、がくっと(あくまで元気なチョイノリ比)速度が落ちてるような気がします。

オーバーホールして走行4000kmくらい。
チェーンや空気圧等でどうにかなるレベルじゃなかったんです。
やっぱあちこち弱って来てるんでしょうね。

取りあえず、手軽にやれるタペットの調整やベルトは交換。
それでもほぼ変わらず。

疑ったのは圧縮漏れ!

ヘッドのガスケット部分と、バルブの閉塞不良。

でもなぁ、、、エンジン降ろすのメンドクサイしなぁ。。。。

と思ってたんですが。

エンジン積んだままできんじゃね!??

外せはしても、トルクレンチが入らなければダメですからね。確認です。



おお余裕!四本ともエンジン積んだ状態できっちり締めれます。

てことで、ヘッド分解!

ガスケット部分は圧縮漏れは無し!新品ガスケット使ってキッチリ締めた?から当然ですね?!

ヘッドは若干カーボンが付着してます。



燃焼室やバルブも結構汚れてますが、コチラもガスケット部分からの圧縮漏れの痕跡はなし。

やはり、バルブの閉塞不良(わずかでしょうが)ですかね。



エンジンクリーナーで掃除して、バルブの摺り合わせしました。

摺り合わせは、「is工場長方式」の電ドリで。

youtubeで見たように、グルグルだけじゃなく、カンカンカンカンっとね!

整備してると必ず手伝いに、、、いや、一番邪魔なところに昼寝しに来るコイツのよこで、カンカンカンカンっっと!!


で、結局、エンジン降ろさずにヘッドバラしてバルブすりあわせて、組み上げ完了!!
やったね!



んで、成果はと言いますと。

100%完全復帰とは言いませんが、かなり良くなりました!

3号機が100とすると、バラす前は90くらいだったのが95くらいにはなった感じ。
Vベルトやタペット調整では全く良くなった体感が無かったのと比べたら大満足。


あと考えられるのは、
1)対策品(ロッカーアーム等も後期型)といえどもカムが減ってる。
2)パワフィル仕様なので暑くて燃調が合ってない。
3)オイルを5W-40から10W-50に変えた。

くらいかなぁ。。。

チョイノリのキー。私の場合

工場長が「チョイノリの純正ブランクキーが手に入る!」って記事を投稿されてました。
うん、確かにちっちゃくて黒い純正キーが素敵です!

私の初号機は最初からホムセンで作ったような普通のキー。
2号機は1本だけ黒い純正キーで予備は無し。
3号機に至っては完全ジャンクでキーすら無しww

田舎暮らしの私が手に入れられるのは、もっぱらホームセンターで作ったこんなキーですよ!えええwwww



もー玄関の鍵みたいでしょ? (´・ω・`)
工場長の記事に載ってる予備キーはまだましですね。

そこで!!

純正ブランクキーという知恵も技術も無い私はどうしたか!

それは!!

100均のキーカバーです!
DAISOとかCanDoに売ってあるコレ↓



↑上の玄関の鍵が、あら可愛く大変身! (*´ェ`*)
カエルちゃんの鈴付きキーホルダーも100均desu!

うまい具合に、アイスブルー的な色とブルームイエロー(キディーイエロー?)が有ったので、色合い的にもバッチリ!

5色セットで108円だったと思います。
1個20円。

セットで買って余ったのがコチラ



トイブルー、オレンジ、グリーンの機体には使えるかな?


値段の割には、割には、あくまで値段の割には、いい仕事してますでしょ!?


と言いつつも、初号機は、純正キー2個付きの中古タンクキャップをポチってしまってたのでした。。。

全色勢揃い!やったねヽ(´エ`)ノ

8月4日付のはちまるさん速報によりますと、なんとチョイノリ・SS全カラーが聖地に勢揃いすることになりそうです!

参加機体色と数はこんな感じ。




すごいですね~~!!合計34台!!

適当に色つけて、適当に並べてみました。

「あの色はこっちが良いんじゃ?」とか「この色の隣はこれだろ!?」とか、色々楽しめますね!
まだ1月半もあるのにこんなに楽しい聖地巡礼、さーみんなで楽しもぉ~~~!!

聖地巡礼に向けて準備開始!!

相変わらず気が早い僕です。

なぜなら、また来週から対馬と壱岐に出張。
できるうちにやっとかないとね!!

てことで、本日は巡礼に使用予定の3号機の改装。
こないだ完全分解で整備したばかりなので、やることはツアラー仕様への改装。

メニューは
1)直流電源の確保
2)ベタベタしてたグリップの交換
3)リムラインでオサレに

グリップは樽型をチョイス。1号機や2号機も若干大きめの樽型にしてますが、手が大きいからかコレが良い感じです。
まずはアクセル側の加工です。△の部分をゴリゴリ削ります。
外は猛暑ですが、コレは室内でできるから楽勝です。



続いて室内でできる直流電源加工。

以前USB電源を焦がしてしまった私ですが、はちまるさんや、KSKさんの記事を参考に慎重に作製。
これも室内でできるから楽勝です。



で、暑い中3号機に装着!





コンデンサはこっちに。



ついでに矢印のところにワッシャをかませました。
3号機に限らず、なんとなくカウルが右向いてたり左向いてたりってありませんか?
私のはなんかそんな傾向があるので、微妙に調整してみました。

そして最後にリムステッカー。



初号機のは、カッティングシートを自分でRにカットして作りましたが、今回はちゃんとした製品です。

アップにすると!



アイラブチョイノリ!!!

文字入れタイプは10mm巾しか注文できなかったのですが、チョイノリのホイールに10mmはでかすぎます。
なので結局、文字部分を7mmに、その他部分を5mmにカット。結局自作w


あとはキャリアとボックス着けたらいいかな!?
あ、ナビを買わないと。。。。


それと、どうしようか考えて中なのがここ。



負圧コック部分。
やっぱり、時々燃料が行ってない感じ。放置車両だったから黒い筒の部分が調子悪いのか、はちまるさんの記事にあったように回転が上がらないから負圧不足なのか、、

負圧無し用のインマニはあるので、初期型コックに換装しようかと考え中。

とりあえず、今日はここまで。

くっそ暑かったです!
プロフィール

korochoi

Author:korochoi
” 公道上最弱 ” と評されますが、それも含めて楽しく可愛いスズキの原付き『 choinori(チョイノリ) 』と、” 直線は退屈だ ” と発売されましたが、直線も結構楽しいスズキの中型バイク『 Goose(グース)350 』を、こよなく愛する九州人のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
ムーミンの雑記帳&内緒のコメント用ブログ
埼玉の大ちゃん
チョイプリ
santaの散歩
トモス・クラシック
フライングクロ
はちまるブログ
#88 新米感覚
イサチャンネル 13ch
KSK@ばすのブログ
ちょいとチョイノリ(別館)
おっちゃん
さんちゃんとチョイノリ
セカンドライフを堪能
ヴェクスターだから楽しい!...のか?
ヴェクスター乗ったことあります
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者数